ページ内移動用のリンクです


ムヒベビーシリーズ

  • お子さまのかゆみ、虫さされ、あせも
  • クリーム剤と液剤の使い分け
  • 商品紹介 ムヒ・ベビーb®
  • 商品紹介 液体ムヒベビー®

かゆみ

こどもの皮膚疾患の多くがかゆみを伴います。

虫さされ

こどもは蚊などの虫に刺されると大人より腫れや赤みがひどくなりやすい。
また、かゆいのを我慢できないためかきむしって症状を悪化し、細菌感染してしまうこともあります。

お手当てのアドバイス

  • 刺されたらできるだけ早く虫さされの薬をつける
  • かゆいときはこまめに薬を塗る
  • 氷水などで患部を冷やすのも効果的
  • かゆくてもかきむしらない(爪を切っておく)

あせも

汗の出口が詰まり、汗がうまく皮膚表面に出てこられないため、汗の出口が盛り上がり、かゆみを伴う湿疹ができます。

あせも予防のアドバイス

  • 高温多湿を避け、涼しい環境でなるべく汗をかかせないように心がける(摂氏20〜24度、湿度50%前後がよい)
  • こまめに汗を拭いて皮膚を清潔に保つ
  • 汗をかいたら肌着を取り替える
  • 風通しがよい、汗をよく吸う綿の肌着を着る
  • 肌着は腋の下の汗も吸うようTシャツ型
  • 水分摂取はほどほどに
  • 子どもは大人より1枚薄着