ページ内移動用のリンクです


ひび・あかぎれ情報館手湿疹

症状

手の甲、手のひらあるいは指の皮ふにできる湿疹です。接触皮ふ炎の一種と考えられています。水仕事の多い女性だけでなく、男性にもできます。
かゆみが強く皮ふが赤くなる、皮ふが割れてくる、小さな水ぶくれができる、かきつぶすとジュクジュクやかさぶたになる等が混じり合った症状が現れます。
手のひらには乾燥傾向の強い症状(ひび割れ、角層がはがれるなど)が現れやすくなります。慢性化すると皮ふが厚くゴワゴワになり、治りにくくなります。

原因

アトピー素因が関与する(肌が乾燥しやすいため皮ふのバリアが破壊されやすくなっている)場合もあることが分かっています。
洗剤などを使う水仕事を毎日くり返すことにより、皮ふの皮脂が脱脂され、角層のバリア機能を保っている天然保湿因子などが奪われます。また、手のひらは皮脂腺がなく、角層が厚いため乾燥しやすい部位です。空気が乾燥し始める季節(秋〜冬)になると、皮ふは益々乾燥します。さらに悪化すると、様々な刺激に反応しやすくなり、一年中症状が治らない場合もあります。

治療

重症で炎症が強い場合にはステロイド外用薬を適切に使用し、まず炎症を抑えることが重要です。炎症が治まってきたら、トコフェロール酢酸エステルなどの入った治療薬を塗り、手の保湿に心がけることが大切です。できれば、水仕事などを休むと早くよくなります。

写真提供:兵庫医科大学 准教授 夏秋 優 先生


  • ブランドサイト一覧
  • 肌トラブル情報館
  • MUHIの情報館
Get ADOBE READER

PDF形式のファイル閲覧には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は最新版のソフトウェアをダウンロードの上、ご覧ください。

AdobeReader(無料)をダウンロード