ページ内移動用のリンクです


皮ふ炎情報館かぶれ

接触皮ふ炎

病状

植物や金属、薬品などに触れた時、かゆみや発赤、水ぶくれなど、皮ふの炎症を起こす人がいます。一般には「かぶれ」といいますが、医学的には「接触皮ふ炎」といいます。

原因

ピアス、ネックレス、腕時計、ゴム製品、うるし、ぎんなん、外用薬など、特定の物質が特定の個人に対して、原因物質となって起こるものです(すべての人に起こるものではありません)。

治療

接触皮ふ炎は、原因がはっきりしていますので、その原因物質との接触を避けることが治療の原則です。しかし、接触したものが多く、どれが原因かわからないときもあります。そのような時には医師によるパッチテスト(貼布試験)を行い、原因物質を確認する方法があります。原因となるものを取り除いても、一度かぶれるとかゆみや炎症症状は治りにくいので、抗炎症作用の強いステロイド成分(副腎皮質ホルモン)を配合しているムヒアルファEXムヒアルファSⅡがおすすめです。

おむつかぶれ

病状

おむつを当てているところにできる皮ふ炎で、赤ちゃんや老人にしばしばおこります。

原因

原因は大別しておむつ自身の場合と尿に含まれている尿素が細菌によって分解されて発生するアンモニアの刺激による場合があります。

治療(予防)

予防としては、おむつをたびたび替えて不潔にならないようにし、入浴をこまめにして清潔にするようにします。かぶれが生じた場合は、患部を水またはぬるま湯で洗って、清潔にしてからムヒ・ベビーやお年よりの方にはデリケアがおすすめです。

写真提供:兵庫医科大学 准教授 夏秋 優 先生


  • ブランドサイト一覧
  • ピックアップコンテンツ
  • バーチャル工場見学 追跡!ムヒSができるまで
  • MUHIの情報館 肌トラブル情報館
Get ADOBE READER

PDF形式のファイル閲覧には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は最新版のソフトウェアをダウンロードの上、ご覧ください。

AdobeReader(無料)をダウンロード