ページ内移動用のリンクです


皮ふ炎情報館アトピー性皮ふ炎

病状

アトピー素因(アトピー性皮ふ炎や花粉症、ぜんそくやアレルギー性鼻炎などになりやすい体質)を持っている人に発症しやすいかゆみの強い湿疹で、症状が悪化したり、軽快したりするのを繰り返しながら長期間経過します。

アトピー性皮ふ炎はもともと乳幼児に多い病気ですが、最近では思春期を過ぎても症状が続いたり、大人になってから発症するケースも増えてきています。ただし、アトピー素因があるからといって必ずアトピー性皮ふ炎になるとは限りません。

原因

発症にはアレルギー素因をもとに、生活上の様々な刺激因子(汗や衣類、紫外線など)や種々のアレルゲン(ダニやホコリ、花粉、卵や牛乳など)が作用しますが、皮ふの乾燥などによるバリア(防衛)機能の低下も関係しているといわれています。原因や悪化の要因を調べるには医師とよく相談することが原則です。

治療

治療は、かゆみを止め、皮ふ症状の悪化を防ぐために抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などの内服、ステロイド成分やその他の外用薬を用いることが多いです。すぐに治る病気ではないので、信頼できる専門医のもとあせらず根気よく治療を続けます。皮疹が比較的軽症でかゆみも軽い場合は、保湿効果とかゆみ止め効果の優れているムヒソフトGXこどもムヒソフトを試してみることも一つの方法です。

写真提供:兵庫医科大学 准教授 夏秋 優 先生


  • ブランドサイト一覧
  • ピックアップコンテンツ
  • バーチャル工場見学 追跡!ムヒSができるまで
  • MUHIの情報館 肌トラブル情報館
Get ADOBE READER

PDF形式のファイル閲覧には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は最新版のソフトウェアをダウンロードの上、ご覧ください。

AdobeReader(無料)をダウンロード