ページ内移動用のリンクです


安心・安全への取り組み

安心・安全な医薬品を提供するため

安心・安全な医薬品をお客様のもとへお届けするため、池田模範堂では、製造工程においてGMP(Good Manufacturing Practices:医薬品の製造及び品質管理規則)に基づいた、徹底した製造管理と品質管理を行っています。更に、品質保証部門が工場での製造管理と品質管理が適切に行われているかを常に確認しています。

高品質な医薬品製造

製造部門では、高品質な医薬品を造り続けていくことが重要です。
医薬品製造工程における重量の全数確認、製造番号等の表示検査、外観チェックなど、作業者は常に細心の注意を払って、高品質な医薬品を製造しています。さらに、日々の細かい生産設備のメンテナンスも欠かせません。

製品品質の徹底管理

製造部門から独立した品質管理部門では、原料・包装材料の受入から、中間製品・最終製品に至るまで、様々な試験を行っています。これらの厳しい試験に合格した製品だけが、全国へと出荷されていきます。また、製品の一部を保存して定期的に試験を行い、出荷された後の製品の品質チェックも行っています。
このように、安心・安全な製品の品質を保証するため、徹底した品質管理を行っています。

工場の衛生管理

医薬品を製造する工場の環境は常にクリーンな状態に保たれていなければなりません。 虫やほこりの侵入を防ぐため、工場で使用する全ての原料・包装材料は、エアーロックやエアーシャワーを介して中へと運び込まれています。
また、作業者は定められた更衣を行い、健康状態に問題がないことを確認した人だけが中に入ることを許されます。
医薬品を製造する構造設備は、清掃の頻度、器具、洗浄剤の種類まで細かく定められており、決められた手順に従い、常に清潔で衛生的な作業環境を整えています。

お客様からの声をより良い製品改良につなげる

お客様からの商品に対するお問い合せやご意見、ご要望はより良い商品づくりに繋がる貴重な情報源です。定められた規格を満たす商品を生産するだけではなく、お客様視点で満足していただける品質を創り上げることも重要な役割です。
効果、使用感、使い勝手などお客様の求める品質は様々です。品質部門ではそれらの声を元に、満足していただける品質を持つ商品を世の中に送り出せるように努力し、開発部門や製造部門にも働きかけています。
お客様の視点に立ち、商品の改良のみならず、容器やパッケージの開けやすさ、使い勝手など、細部にこだわった改良を重ねています。